製品について


HAL®介護支援用(腰タイプ)

 

 

HAL®介護支援用は、人が体を動かすときに脳から筋肉へ送られる信号”生体電位信号”を読み取りその信号の通りに動きます。腰部にかかる負荷を低減することで腰痛を引き起こすリスクを減らすことを目的にした装着型の介護ロボットです。


導入実績

2015年3月の販売開始以来、国内75の介護施設様でご利用いただいております。国内稼働台数は約260台。(2016年2月現在)


評価実績

移乗・排泄介助はもとより体位変換、食事支援、シーツ交換など生活支援の代表的なシーンで腰部の負荷が軽減されたとのお声をいただいております。


採用効果

HAL®を装着した映像・動画を使った募集活動を行ったところ、通常の17倍の人材を採用できたとの調査結果がでました。


防水機能を装備(hal-CB02)

お客様からのご要望として一番多かった防水機能が新たに追加され、負担の大きかった入浴介助にもご使用いただけるようになりました。


製品カタログ

ダウンロード
介護支援用腰タイプ_製品カタログ.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 767.1 KB

製品の安全性について

介護支援用腰タイプは、パーソナルケアロボット(生活支援ロボット)の安全性に関する国際規格ISO 13482におきまして、その安全性を評価され認証を受けております。 


ご使用例


社会福祉法人練馬区社会福祉事業団 大泉特別養護老人ホーム様