本事業の概要とは

目標

本事業の達成すべき目標(厚生労働省の指針)

  • 先駆的な取り組みによる、介護従事者が被介護者に提供する介護業務の負担軽減や効率化

期待される効果等として、実際の活用モデルを示すことで他の介護施設等の参考となること

HAL®の導入による成果(CYBERDYNE社の目的)

  • 介護従事者の身体的負荷低減による労働環境改善

業務において身体的負荷が大きく、腰痛等の不安がある方に対してサポートする機器を提供することで、腰痛を理由として介護職を辞めざるを得ない人を生まないこと

5つの課題にぴったりフィット

「人のお世話は人の手で」と、つい無理をしてしまいがちな毎日。長時間装着したままでも気にならない軽量コンパクトな仕様のHAL®で、身体的不安要素を解消しましょう。

「腰痛を理由とした離職者をなくしたい」それがHAL®の願いです。


事業の概略

ロボット導入費用にかかる援助策

  • 介護ロボット導入支援特別事業は「介護ロボット導入計画(3年計画)」をたて、先駆的な取り組みによって「介護従事者の負担軽減や業務の効率化」に取り組んでいる施設・事業所に対し、介護ロボットの導入費用を補助する。地域介護・福祉空間整備推進交付金を活用する。
  • 補助額は、20万円超という高額なロボット機器購入が対象となり、1施設・事業所あたり上限300万円(補助率100%)が補助される。

「3年計画」を策定し、その計画内容を厚生労働省にて採択された場合に補助が受けられるしくみで市町村でとりまとめをする。


通知資料のダウンロード

都道府県を通じて市町村へ通達のあった資料になります。締め切りについては、各市町村により違いがありますので、担当窓口にご確認ください。

ダウンロード
実施要綱.doc
Microsoft Word 88.0 KB

様式の記入方法については、別途お問い合わせください。

事業

本事業の概要や目標について 

製品について

本事業の対象となるHAL®について

お問い合わせ

 イベント・説明会等のご案内その他お問い合わせ