使用方法はこちら

 

画面を大きくして視聴したい場合は、右下の四角い枠をクリックします。戻す時は、もう一度クリックしてください。

使い方動画メニュー

下の見出し緑文字をクリックしていただくと、ページ内の指定箇所へジャンプします。

準備編

①納品と検収

②バッテリの取り扱い方法

③乾式ベルトの準備

装着方法

①電極シートの貼り方とケーブルの取り回し

②センサベルトの巻き方

③機体の装着(介助者が装着する)

④機体の装着(自分で装着する)

基本動作1(長座位で行う動作)

①上体そらし

②前屈

③前屈(ひねり)

基本動作2(端座位で行う動作)

①離臀(お尻を持ち上げる)

②前屈

③リーチ動作

④リーチ動作代用

⑤介助とガイドの方法

基本動作3(起立を伴う動作)

①立ち上がり

②スクワット

③腿上げ


準備編


①納品と検収

②バッテリ取り扱い

③乾式ベルト準備



装着方法


①電極シート

②センサベルト

③機体の装着

④自分で装着



基本動作編1(長座位で行う動作)


ベッド上やフロアで脚を伸ばしたまま行います。
転倒などのリスクが少ないため、介護度の高い方、体力に自信のない方にオススメです。

HALを装着すると座位保持がとりやすくなり、褥瘡予防や体幹動作を行うことで内臓の活動を活性化させたり、また、上肢の機能訓練時などにもお役立ていただけます。

①上体反らし

②前屈

③前屈(ひねり)



基本動作編2(端座位で行う動作)


椅子やベッドサイドに座った体勢で行う動作です。

手すりなどをご準備のうえ、座面から滑り落ちないよう注意して行いましょう。

続けることで腰部周辺の大きな筋肉にアプローチして、ADLの向上を目指します。

    

①離殿

②前屈

③リーチ動作

④リーチ動作代用


⑤介助とガイド



基本動作3(起立)


立位の動作です。

転倒防止のため、手すりなどに捕まって行ってください。ご家庭では、しっかりとした椅子の背もたれを代用しても良いでしょう。

①立ち上がり

②スクワット


③腿上げ